鍵に関するトラブルは鍵開けのプロに依頼をすれば最も確実

鍵開けが必要な時に覚えておきたい手続きや準備する物

スムーズに鍵開けを行なうために事前に調べておくこと

鍵

鍵開けをスムーズに行なう場合、多少の知識があった方がいいでしょう。そのための予備知識についていくつか紹介します。

鍵開け時に必要となる身分証明書

鍵開けを業者に依頼する場合、その家が本当に自宅であることを証明するために本人確認を取ります。住所・顔写真が確認できる身分証があれば問題ありません。免許証やパスポート、学生証、外国人登録証などです。しかし、保険証やクレジットカードなど住所や顔写真の確認ができない場合には、公共料金領収書といったプラスアルファの書類が必要になります。居住者ではない人が依頼する場合には、住人との関係を示す公的書類や警察官立会いの下での鍵開けなどが求められる場合もあります。

連絡時に伝えておくと良い情報

鍵穴の形状
鍵開けを業者に依頼する場合、鍵穴が縦穴か横穴かを伝えるといいでしょう。縦穴の方が一般的で、横穴はディンプルキーという防犯性の高い鍵が使われています。横穴の場合解錠が特殊なので、作業に多少時間のかかる恐れがあります。
ドアの形状
鍵開けを業者にお願いする場合、事前にドアの形も伝えておくといいでしょう。レバーを下げて開けるレバー型とノブを握って回すことで開ける玉座です。どちらでも対応可能ですが、事前に伝えておくと作業が短時間で済むかもしれません。

鍵開け依頼に関するQ&A

鍵開けにかかる大まかな費用は事前に分かりますか?
どの部屋・どのようなキーの鍵開けかによって、おおよその料金は提示できます。ホームページに記載されていますので、参考にするといいでしょう。ちなみに、鍵開けにあたっての料金は事前見積もりを作成することも可能です。
合鍵を併せて作ることはできますか?
鍵開けだけでなく、合鍵の製作も行ないます。一般的な鍵の場合、5分程度の時間があれば合鍵の製作は可能です。鍵をなくしてしまった場合でも、鍵穴の情報をもとにして再現することは可能です。鍵開けのついでに合鍵を作っておくと良いでしょう。

鍵開け自体は専門業者にお任せすれば問題ありませんが、多少でも知識を持っておくと、作業がスムーズになるかもしれません。必要な書類や伝えておきたい事項などを最低限把握しておきましょう。  

TOPボタン