鍵に関するトラブルは鍵開けのプロに依頼をすれば最も確実

簡単に鍵開けさせない!鍵の機構を知ることで防犯性を高めることが可能

進化する鍵の機構~現在使用されている機構の種類~

作業員

一般家庭で主流であったのが、ディスクシリンダー錠です。しかしこの錠機構の場合、ピッキングに対して弱いので今ではほとんど使われることはなくなりました。現在では、より防犯性に優れた機構が登場しています。その中でもおすすめの機構をいくつか紹介しますので、鍵交換を検討している人は参考にしてください。

機構(シリンダー)の種類

ディンプルシリンダー
従来の鍵山ではなく、プレートにくぼみを作った鍵のことです。鍵違いは100億通りを超えるとされ、ピッキングや複製が大変困難といわれています。鍵山がないので、施錠するときにキーの抜き差しが大変スムーズです。
ロータリーシリンダー
従来の円筒状のピンではなく、並列に板状の部品を配置しているのが特徴です。筒状にすることで、限られたスペースの中でもピンをより多く配置することが可能です。よって、鍵違いの組み合わせが従来よりも多くなりました。
サイドバーシリンダー
従来のようなピッキングを使っても解錠ができない仕組みになっている機構です。回転力を受け止めるサイドバーが内側に取り付けられており、回転力を加えてもタンブラー自体に強い負荷がかからないような構造になっています。
マグネチックシリンダー
鍵に磁石が内蔵されているのが特徴です。タンブラーの極性の反発力を使って、外筒の中に収める機構です。鍵山とタンブラーは直接触れ合うことがないので、従来のような引っ掛かりを気にする必要がありません。スムーズに鍵の開け閉めができますし、ピッキングに対する防犯性も優れています。

ピッキングやサムターン回しなど、空き巣などが使うこともある不法な手段が知られるようになりました。それに対応するように、鍵の機構もどんどん複雑になって、不法に鍵開けされないような仕組みが開発されています。レベルの高いものだと鍵開け業者でも解錠に手間取るものもあります。鍵を防犯性の高いものに交換するのであれば、鍵の管理には注意を払いましょう。

TOPボタン